PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

親愛なるテツコ


みなさんへの報告が随分遅れてしまいましたが

我が家の愛兎テツコが今年の1月に亡くなりました。



死因は分かりません。

前日からペレットを食べなくなったテツコ。

いつもだったら夜中には大好きな野菜などは口にするのですが

この日はそれも食べず…

1



次の日、病院に連れて行く車の中、あと5分で到着する所まで来て

助手席でテツコは動かなくなっていました。

2



去年お家を引っ越してから、崩しがちだった体調も順調で

それはナナコが来てからも変わらず。

安心しきってました。

3



「もっと早く病院に連れて行っていれば…」とは悔みました。

4



でもその時は去年病院に預けて結局その数時間後にひとり病院で

亡くなったうさぎのサチのことや

5



数年前に入院した時、耳から24時間の点滴を打たれて

辛そうにしていたテツコの事が思い出されて

できればお家でよくならないものか…と思ってしまいました。

6



バカですね。

7



いくら入院や治療が辛くてもそれを乗り越えたら

また元気に楽しく一緒に暮らせたかもしれないのに…

8



でもその時は病院に着く直前に亡くなったのは

やはり病院がイヤだったのか… と思いました。

9



なので死因の特定の為に病院に連れて行く気にはとてもならず。

10



テツコは私が結婚する前から一緒にいます。

一人の私の力に随分なってくれました。

11



結婚してからも家事や忙しい仕事に追われる私の

何よりの安らぎの存在でした。

12



そこにいてくれるだけで…

13



亡くなってからもずっとケージを撤去できませんでした。

亡くなった気がしなかったのです。実感がなかったというか。

ケージを撤去するとテッちゃんが亡くなったことを

認めてしまうような気がして、怖くてできませんでした。

14



ナナコのお散歩から帰ってきても、そこでテッちゃんがいつものように

待っててくれる気がします。

15



いや、亡くなってしばらくは本当に待っててくれたんだと思います。

すぐには認められない私の為に…

16



先日いつものようにテッちゃんのケージをぼんやり眺めていた時

不意に「テッちゃんのいないケージってさみしいな」

「テッちゃんのいないケージを見ている方が辛いな」と思いました。

17



時間の経過とともに気持にも変化が起こりつつあるようです。

18



なので、もうすぐテッちゃんのケージはしまうと思います。

19



また泣いちゃうだろうけど。

20



最後に随分前にテレビで見たピーターラビットの作者・ミス・ポターが

飼っているうさぎに対して宛てた手紙の一節だったでしょうか

こんなような一節がありました。

21



「私の親愛なるもの言わぬ静かな友よ」


テッちゃんが亡くなってからずっとこの言葉を思い出します。

そして一人こころの中でテッちゃんに話しかけます。

大好きなテッちゃん。

そこにはうーちゃんやサチがいるでしょ?

サチはやんちゃさんだから、うーちゃんがビックリしてない?

テッちゃんは面倒見がいいからふたりの事、よろしくね。

母さんもそこに行くからね。

それまで、みんなと仲良く待っててね。

またね。

22



| うさぎ | 12時07分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。